こんばんは。
今回は杉の床板を貼ります。
元々は畳の部屋だったり、フローリングだったりと場所場所で下地が違います。

まずは下地の調整。
微妙に床がむくれていたり、逆に下がっていたりするのでベニアで調整します。
膨らんでいるところはビスで増し締めしたりと細かな作業です。

1mmや2mmの違いでも、貼っていくと違和感が出てきます。
この調整の作業が一番大事で時間がかかると大工に教えられました。
f0390100_22560560.jpg

f0390100_22560190.jpg
建具が来るところは敷居を入れ直してもらいました。
f0390100_22552549.jpg
調整が完了。
f0390100_22560190.jpg
柱とぶつかる部分は少し欠きとってもらいます。
f0390100_22553071.jpg
ここまでくれば後は貼るだけ。
f0390100_22552309.jpg
養生をめくる日が待ち遠しいです。
記:堤


[PR]
# by kokolab18 | 2017-12-09 23:03 | Comments(0)

こんばんは。
今回の改修工事では、間取りが大きく変わります。
キッチンの位置も変更しました。
当然窓もあたらしく欲しくなってきます。
外壁を壊し、新たにサッシを入れましょう。
ということで、大工さんに開口してもらいました。
f0390100_22202994.jpg
何も言わなくても養生もしっかりしてくれます。ありがたい。

元々サッシがあったのですが・・・
f0390100_22243776.jpg
キレイにとって、下地を組み直し・・・
f0390100_22202731.jpg
新たにサッシをつけました。
断熱材も入れて完璧です。
f0390100_22261804.jpg
もちろん外部は防水シートを施工済み。
来週は板金屋さんと打合せです。

記:堤

[PR]
# by kokolab18 | 2017-12-09 22:28 | Comments(0)

天井板を貼りました。

こんばんは。
硝子瓦に変えた後は、内部の天井を仕上げていきます。
現況の傾きやゆがみを見ながら下地を新しくキレイに組んでもらいました。
f0390100_21162949.jpg
そこに杉の巾150㎜の板を貼ってもらいます。
f0390100_21041299.jpg
束が伸びているところは、うまく欠きとってもらってきれいに納めてもらいました。

f0390100_21103105.jpg
天井が高くなり部屋が広く感じます。
寝室の天井には既存のクロスの上に新たに石膏ボードをはりました。
f0390100_21103281.jpg
この部屋の天井はクロスを貼ってもらいます。

記:堤

[PR]
# by kokolab18 | 2017-12-09 21:20 | Comments(0)

硝子瓦で明かりとり。

こんばんは。
天井を取り払ったリビングですが、奥まっているので部屋の中まで日の光が届きにくくなっています。
今回は一部の瓦をガラスの瓦に取り替え、天窓を作りました。

瓦を外して野地板をカットします。
f0390100_18163374.jpg
f0390100_18180369.jpg
部屋に光が入ってきました。
そしてカットした板の代わりにアクリル板で蓋をします。

f0390100_18191280.jpg
雨が入るといけないのでルーフィングの下に差し込んで、防水テープでぴっちりと止めました。
その上にガラス瓦を敷き直し完成です。
f0390100_18235394.jpg
f0390100_18174566.jpg
家の中が明るくなりました。
照明でも明るくなりますが、自然光で明るい方が気持ちいですよね。

記:堤

[PR]
# by kokolab18 | 2017-11-17 18:26 | Comments(0)

補強と断熱

こんばんは。
解体があらかたになったら、補強をします。
計画段階で調査を行っていたのですが、今の基準と違って金物が入っていないのが当たり前。
これでは建物がきれいになっても気持ち良く住んでもらえないので、金物で補強します。

筋違の金物や継手、柱の頭と脚など様々な個所に入れていきます。
f0390100_17580857.jpg
f0390100_17580674.jpg
f0390100_17580109.jpg
f0390100_17580361.jpg
問題が起きないように壁量計算等を行い、金物で適宜補強をすれば問題なしです。
既存図面とは現場が違っていることも多いので、事前の確認は大事ですね。

それともう一つ大事な問題が断熱材の施工。
床下や屋根裏の断熱材がない部分があるとそこから冷気が入ってきます。
今回はすでに入っていた部分に加え、足りない部分に断熱材を追加しました。
f0390100_18081881.jpg
f0390100_18082606.jpg

記:堤

[PR]
# by kokolab18 | 2017-11-17 18:04 | Comments(0)