見学会をしました!

おはようございます。
11月に解体から始まった紬の家も完成し、見学会を行いました。

元々和室だった部屋がキッチンとダイニングに。
天井や壁を取り払い、瓦をガラスのものに交換し明るくなりました。
f0390100_09384994.jpg
同じ部屋です。
f0390100_09333934.jpg
廊下で仕切られもう一部屋和室がありました。

f0390100_09411310.jpg
杉の床を貼り、天井も外して屋根なりに貼り直しました。
漆喰で白くしたのもあって明るい広間です。
f0390100_09341122.jpg
寝室に変わったこの部屋はもともとキッチンでした。
f0390100_09441156.jpg
畳は元々がしっかりした本畳だったので、表替えをするだけでまた何十年も使えます。
f0390100_09344553.jpg

f0390100_09355774.jpg
今まではお風呂だけとか部分的なリフォーム工事はありましたが間取りを変えるような大きなリフォームは初めてでした。
リフォームするというと見た目のきれいさに目が行きがちですが、オモテには出にくい断熱や構造の部分に目を配ることは大事です。
事前の調査をして、改修しても長く住み続けられるかを見極める必要があると感じました。

新しくなった紬の家、これからどう変化していくか楽しみながら暮らしてもらえればいいなと思います。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2018-01-24 09:32 | Comments(0)

おはようございます。
今回のリフォーム工事のメインは中なので外からの見た目はほとんど変わらないのですが、唯一ガラッと変わったのが物干しスペース。

元々は樹木が目隠しとなっていて、歩くスペースしかなかったのですが代わりにデッキと板塀と屋根をつけて物干しスペースにしました。
f0390100_09295973.jpg

f0390100_09303998.jpg

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2018-01-24 09:25 | Comments(0)

畳納め。

おはようございます。
今回の寝室は和室です。
もともとこの家には6畳の和室が2間ありましたので、そのうちのキレイなもの6枚を使っています。

大工さんの仕事が終わったら畳屋さんにバトンタッチ。
糸や専門の定規を使っての採寸です。
f0390100_09194747.jpg

f0390100_09204676.jpg
畳と当たる木の畳寄せが沿ったりしていないか、ここで細かに採寸して畳で調整してもらいます。

後日調整が終わった畳を納品してもらいました。
畳を表をひっくり返す、表替をしてもらった畳は新品のようにきれいです。
f0390100_09241115.jpg

f0390100_09244185.jpg
もともとはキッチンでしたが、スッキリした和室に生まれ変わりました。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2018-01-24 09:17 | Comments(0)

家具据えました。

おはようございます。
家具工事を行いました。
今回はリフォーム工事になるので壁や床に合わせて調整していく難しさかはありましたが、きれいに納めてもらいました。
f0390100_09085647.jpg

f0390100_09132098.jpg
どんなものにするのか、引出しや扉の位置などはお客さんと決めていきます。
今回はアルミのパンチングメタルを使ったスライド棚を制作。
f0390100_09151006.jpg
縦向きの包丁差しもスムーズです。
f0390100_09161795.jpg
記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2018-01-24 09:06 | Comments(0)

壁を塗っています。

こんにちは。
年末最後の工事は漆喰塗りです。
f0390100_11540944.jpg
下塗りをして、数日の養生の後仕上げてもらいます。
今回は玄関だけクリーム色。残りは真っ白です。
f0390100_11564344.jpg

どんな感じに仕上がった気になる人もいるかと思います。
1/20.21の完成見学会にてご確認下さい。
お待ちしております。
記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-12-29 11:33 | Comments(0)

大工も追い込み

こんにちは。
年末の慌ただしさに加え、現場も大工工事の終盤追い込みでした。

f0390100_11253268.jpg

f0390100_11255856.jpg
左官やクロスが入ってくるので最後は大掃除をしてなんとか終了。
いつもギリギリまで仕事を頑張ってくる大工さん。
ありがとうございました。
f0390100_11293699.jpg
記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-12-29 11:22 | Comments(0)

こんばんは。
今回は杉の床板を貼ります。
元々は畳の部屋だったり、フローリングだったりと場所場所で下地が違います。

まずは下地の調整。
微妙に床がむくれていたり、逆に下がっていたりするのでベニアで調整します。
膨らんでいるところはビスで増し締めしたりと細かな作業です。

1mmや2mmの違いでも、貼っていくと違和感が出てきます。
この調整の作業が一番大事で時間がかかると大工に教えられました。
f0390100_22560560.jpg

f0390100_22560190.jpg
建具が来るところは敷居を入れ直してもらいました。
f0390100_22552549.jpg
調整が完了。
f0390100_22560190.jpg
柱とぶつかる部分は少し欠きとってもらいます。
f0390100_22553071.jpg
ここまでくれば後は貼るだけ。
f0390100_22552309.jpg
養生をめくる日が待ち遠しいです。
記:堤


[PR]
by kokolab18 | 2017-12-09 23:03 | Comments(0)

こんばんは。
今回の改修工事では、間取りが大きく変わります。
キッチンの位置も変更しました。
当然窓もあたらしく欲しくなってきます。
外壁を壊し、新たにサッシを入れましょう。
ということで、大工さんに開口してもらいました。
f0390100_22202994.jpg
何も言わなくても養生もしっかりしてくれます。ありがたい。

元々サッシがあったのですが・・・
f0390100_22243776.jpg
キレイにとって、下地を組み直し・・・
f0390100_22202731.jpg
新たにサッシをつけました。
断熱材も入れて完璧です。
f0390100_22261804.jpg
もちろん外部は防水シートを施工済み。
来週は板金屋さんと打合せです。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-12-09 22:28 | Comments(0)

天井板を貼りました。

こんばんは。
硝子瓦に変えた後は、内部の天井を仕上げていきます。
現況の傾きやゆがみを見ながら下地を新しくキレイに組んでもらいました。
f0390100_21162949.jpg
そこに杉の巾150㎜の板を貼ってもらいます。
f0390100_21041299.jpg
束が伸びているところは、うまく欠きとってもらってきれいに納めてもらいました。

f0390100_21103105.jpg
天井が高くなり部屋が広く感じます。
寝室の天井には既存のクロスの上に新たに石膏ボードをはりました。
f0390100_21103281.jpg
この部屋の天井はクロスを貼ってもらいます。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-12-09 21:20 | Comments(0)

硝子瓦で明かりとり。

こんばんは。
天井を取り払ったリビングですが、奥まっているので部屋の中まで日の光が届きにくくなっています。
今回は一部の瓦をガラスの瓦に取り替え、天窓を作りました。

瓦を外して野地板をカットします。
f0390100_18163374.jpg
f0390100_18180369.jpg
部屋に光が入ってきました。
そしてカットした板の代わりにアクリル板で蓋をします。

f0390100_18191280.jpg
雨が入るといけないのでルーフィングの下に差し込んで、防水テープでぴっちりと止めました。
その上にガラス瓦を敷き直し完成です。
f0390100_18235394.jpg
f0390100_18174566.jpg
家の中が明るくなりました。
照明でも明るくなりますが、自然光で明るい方が気持ちいですよね。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-11-17 18:26 | Comments(0)