硝子瓦で明かりとり。

こんばんは。
天井を取り払ったリビングですが、奥まっているので部屋の中まで日の光が届きにくくなっています。
今回は一部の瓦をガラスの瓦に取り替え、天窓を作りました。

瓦を外して野地板をカットします。
f0390100_18163374.jpg
f0390100_18180369.jpg
部屋に光が入ってきました。
そしてカットした板の代わりにアクリル板で蓋をします。

f0390100_18191280.jpg
雨が入るといけないのでルーフィングの下に差し込んで、防水テープでぴっちりと止めました。
その上にガラス瓦を敷き直し完成です。
f0390100_18235394.jpg
f0390100_18174566.jpg
家の中が明るくなりました。
照明でも明るくなりますが、自然光で明るい方が気持ちいですよね。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-11-17 18:26 | Comments(0)

補強と断熱

こんばんは。
解体があらかたになったら、補強をします。
計画段階で調査を行っていたのですが、今の基準と違って金物が入っていないのが当たり前。
これでは建物がきれいになっても気持ち良く住んでもらえないので、金物で補強します。

筋違の金物や継手、柱の頭と脚など様々な個所に入れていきます。
f0390100_17580857.jpg
f0390100_17580674.jpg
f0390100_17580109.jpg
f0390100_17580361.jpg
問題が起きないように壁量計算等を行い、金物で適宜補強をすれば問題なしです。
既存図面とは現場が違っていることも多いので、事前の確認は大事ですね。

それともう一つ大事な問題が断熱材の施工。
床下や屋根裏の断熱材がない部分があるとそこから冷気が入ってきます。
今回はすでに入っていた部分に加え、足りない部分に断熱材を追加しました。
f0390100_18081881.jpg
f0390100_18082606.jpg

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-11-17 18:04 | Comments(0)

改築工事の現場です。

こんばんは。
今回の物件は改築工事。
皆さんから新築だけしかしないとおもってたと言われますが、そんなことないですよ!

まずは解体屋と大工が内部と外部に分かれて解体からスタートです。
f0390100_17425485.jpg
f0390100_17425282.jpg
f0390100_17425282.jpg
天井や壁を取って、吹抜けのある部屋に変えていきます。
外部は樹木や塀を取ってすっきりさせます。
f0390100_17454216.jpg
梁や束が出てきました。
f0390100_17465831.jpg
f0390100_17465697.jpg
どんな感じに生まれ変わるか楽しみですね。

記:堤

[PR]
by kokolab18 | 2017-11-17 17:47 | Comments(0)